イスノキ

Distylium racemosum Sieb.et Zucc
(マンサク科 Hamamelidaceae)
分布:イスノキ属は東アジアに固有

イスノキ 蚊母樹 柞。
別名に、イス、ユシノキ、ユス、ユスノキ、ヒョンノキなど。
マンサク科の常緑高木で、温暖な森林に見られます。
釉薬の柞灰になります。
イスムシによってヒョウタンのような虫えい(虫こぶ)ができます。
その虫のぬけたあとに穴があき、その穴を笛のように吹くと ヒョウ という音がするそうです。
ヒョウタンからヒョウという音、それでヒョンノキ。
虫と木の名前の由来はよくわかっていません。


各ページの画像の上の方は鏡に写った像です。
下地の罫線は1センチです。
ご質問、ご注文の際は画像直下の製品番号をメールにコピペして下さい。
(例:★lot0000_kinonamae または ★kinonamae_0000)

★ lot0959_isunoki
単価 350円



★ lot0960_isunoki
単価 250円




各ページの画像の上の方は鏡に写った像です。
下地の罫線は1センチです。
ご質問、ご注文の際は画像直下の製品番号をメールにコピペして下さい。
(例:★lot0000_kinonamae または ★kinonamae_0000)