ビワ 枇杷 のボタン

loquat‖Japanese medlar
Eriobotrya japonica Lindl
(バラ科 Rosaceae)

バラ科の常緑果樹

分布:中国、中・南部原生と言われ、日本でも南西暖地に自生したとみられます。
中国での栽培は歴史が古いですが、接ぎ木や実生でたくさんの品種があるようです。
現在の大粒の実のなる日本のビワは明治以降に輸入された実の種から播種・選別されたものです。
材は硬く、装飾用建材・杖・木刀などに使用されます。
薬用として、鎮咳・去痰・健胃・鎮吐薬、あるいは湿布剤・入浴剤としても利用されます。


各ページの画像の上の方は鏡に写った像です。
下地の罫線は1センチです。
ご質問、ご注文の際は画像直下の製品番号をメールにコピペして下さい。
(例:★lot0000_kinonamae または ★kinonamae_0000)

★ lot1084_biwa
単価 200円



★ lot1085_biwa
単価 350円



★ lot1086_biwa
単価 150円